お金を借りる方法 銀行

銀行でお金を借りる

銀行でお金を借りる

銀行でお金を借りる

 

 

1.銀行でお金を借りるための条件やその種類

 

銀行でお金を借りるためには様々な条件をクリアしなければなりません。
簡単な制限を挙げるとすれば、年齢が満20歳以上60歳以下であり、安定した収入があること、他に借入が無いこと、保証を受けられることなどです。

 

銀行のローンには、住宅ローン、カーローン、教育ローン、カードローンなど様々な種類のローンがあります。
しかし銀行の審査は時間が掛かるだけでなく、審査基準が厳しいのが一般的です。

 

 

2.銀行で借りるべき?

 

銀行で借りるべきかどうかというのはケースバイケースですが、基本的に審査は他の貸金業者に比べると時間が必要ですし、基準も厳しいです。
ですから、今すぐお金が必要で困っているという方にはオススメできません。
揃える書類も多いですから、不備があればそれだけ時間をロスすることになります。

 

そういう意味で、明日までにお金が必要!とか手軽にお金を借りたい場合は、消費者金融が便利です。
なぜならば、消費者金融は審査が早く場合によっては最短30分で審査を通過することもあります。
当然融資も即日で行われることが多く、すぐお金が欲しいという条件を見事にクリアしているからです。

 

銀行じゃないとやっぱり金利も高いし不安だと考える方もあるでしょうが、現在では消費者金融といえども昔に比べれば金利は抑えられています。
それに最近の消費者金融は母体が銀行である場合が多く、安心できる要因といえます。

 

事業資金などで長期に借入したい、とお考えの場合であれば銀行を検討してみるのもよいでしょう。
現に住宅ローンなどは消費者金融から借入するわけにはいきませんからね。

 

 

3.どれぐらい借りられるか?

 

銀行からの借入でどれぐらい借りられるか、それは重要になってくると思います。
ローンの種類にもよりますが、数十万から数百万、場合によっては数千万円という金額で借入することが出来ます。
もちろん金額に合わせて相応の審査がありますから、誰でも同じだけ借りられるわけではありません。

 

また借りられる金額と同じように大事なのが、金利ですね。
借りたお金にどれぐらいの利息がついてくるのかというのは、返済を考える上で大変重要です。
住宅ローンであれば変動金利で1%前後という超低金利になっていますが、その他の融資では5%〜18%など幅があります。

 

全てはあなたが必要なお金がどのような種類なのか、どれだけ必要なのかによって変わってきます。
場合によっては、前述のとおり銀行で借りるよりも消費者金融から借入したほうが良いケースもあります。
むしろ、大半の人は消費者金融からの借入のほうが向いていると考えるべきでしょう。

 

自分の借入先に不安がある場合は、一度相談してみるとよいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ