銀行のカードローンであるレイクの強み

銀行のカードローンであるレイクの強み

銀行のカードローンであるレイクの強み

レイクは新生銀行のカードローンです。
消費者金融市場は、他の金融市場と比較すると利益率が高いマーケットであるため、そのため多くの企業が参入していますが、レイクの強みは、その参入主体が銀行であることです。

 

銀行であることのメリットは、資本力や資金調達力で優位性があることです。
消費者金融市場においては、最近の(グレーゾーン金利の取り扱い変更に伴う)いわゆる過払い金問題を受けて、資本力や資金調達力を高めるために銀行との資本関係を強める傾向が見られます。この点において、レイクの場合は、銀行自身が実施しているというある種の究極的な形態になっています。
このメリットは、レイクのサービスに直接的に好影響を与えます。例えば、資金調達力の強いことは、資金調達コストを低く抑えることを可能とし、それによって消費者ローン金利を低く抑えることが可能になります。消費者金融の世界において、金利が低いことは顧客にとって大きなメリットです。


ホーム RSS購読 サイトマップ